奈良ツアー(2)

 091708.jpg
 【K-7+TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO】
 宿は奈良市街から1時間ほどの見渡す限り何もない山中のゴルフ場の中。8時の出発前から泊まり組だろうか、何組ものパーティがグリーン出ていた。
 昔、一寸かじっただけで性に合わないとやめてしまった者としては、「朝早くからご苦労さん」といったところだが、朝っぱらからカメラを担いでうろうろしている自分も他人のことは言えない。
 

 
 091709.jpg
 【SIGMA DP1s】
 朝食時、朝霧に気付いて窓越しに一枚。下の方のコースのグループは苦労するかも。
 
 昨夕と同じ柳生街道を戻って奈良へ。
 宿が遠かったおかげで、一度来たいと思っていた柳生の里を、車窓からチラリとでは有ったが見ることが出来た。
 
 本日の午前中は平城遷都1300年祭だ。
 091710.jpg
 【同】
 道が順調だったため少し早めに到着、オープン前とあって朱雀門はまだ閉まっていた。
 脇の通路を通って裏に回っている間に賑やかになったと思ったら、オープニング・セレモニー?が始まっていた。
 091711.jpg
 【K-7+TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO】
 「そんなのがあるなら先に言ってよ」等とぼやいても後の祭り。仕方ないので後ろ姿でガマンすることにした。
 
 0917012.jpg
 【同】
 「混む前に」大極殿へ向かう。
 本物があった頃には ”絶対無かった”飛行機雲とのコラボレーションだ。
 
 0917013.jpg
 【同】
 暑いけど雲の形は秋だと実感する。
 
スポンサーサイト

2010/09/20(月) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

PENN

『』

時平さん、ツアーの同行者も殆どが修学旅行以来だったようですよ。
私は好きで何度か行っていますが、奈良は京都に比べると行く割合は低いのかも知れません。
せんとくんは幼児体型ですから、やはり子供の大きさのイメージですよね。
中には大人が入っているので仕方がないのでしょうが、ディズニーランドのミッキーの大きさにも初めての子供はびっくりするみたいです。

2010/09/23(木) 20:28:08 | URL | [ 編集]

PENN

『』

haruさん、こんばんは。
1300年祭は早い時間だった所為か、土曜日の割には空いていて楽しかったです。
ただ、広い敷地内の東西南北に施設が散在しているので移動距離が長くて、暑かったこともあって少々ヘバりました。
大極殿はこのレンズの特性でしょうか、発色が明るくて一寸派手目の色になってますね。
DAだともう少し濃い色になりそうな気がします。

2010/09/23(木) 20:21:35 | URL | [ 編集]

時平

『』

おはようございます
奈良は高校の修学旅行で行ったっきりです
考えると 京都より歴史が古いわけですから・・・見所は多いのわけですよね

遷都くんの大きいのにビックリしました
もっと小さい子供の背くらいのイメージでしたので (笑)

2010/09/23(木) 05:15:18 | URL | [ 編集]

haru-155

『』

今晩は!

このゴルフ場のグリーンってなんか写真に撮りたくなりますよね~♪
もっともゴルフ場って伺わなければ、、どこかヨーロッパの貴族の庭園のようにも思えますね!(^^)!

>平城遷都1300年祭
それは素晴らしいセレモニーに参加できたんですね)^o^(
後姿の武士たちが、、なんとも古代を連想させてくれますね!
それにしても青空と、美しい朱の建物、、よく似合いますね♪
飛行機雲の入った下から2枚目のアングルと、さりげないけど、切り取り方のセンスが好きな最後のお写真が特にお気に入りです!

2010/09/22(水) 23:50:15 | URL | [ 編集]

PENN

『』

MR.T 様
 ご教示いただき有り難うございました。
 ケミカルトレイルに関しましては数年(か、それ以上)前より、その種の雑誌等でおおよその内容については存じているつもりで居りましたが、今回MR.T様のご意見を拝見し改めて調べてみました。しかしながら以前知り得た以上のことが証明された事実は確認できませんでした。
 欧米始め地球的規模で数多くの目撃がなされているのが事実であれば、かなりの高度に大量の薬剤を散布する事の出来る、相当数の航空機を長年に亘って運航させていることになりますが、そのような長期的戦略に基づき行動し続ける実行力と経済力、そして多人数と思われる人員に、長期間情報を漏洩させない統率力を有する組織というものを私は想像することが出来ません。
 折角コメントいただきましたが、おそらくMR.T様の望まれる反応ではなかったことに、改めてお詫び申し上げます。
 なお、この雲につきましては、10数分後に撮影した写真で大きく散開しているのを確認しており、通常の飛行機雲と判断して間違いないものと思われます。

2010/09/22(水) 22:00:12 | URL | [ 編集]

MR.T

『』

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

2010/09/21(火) 00:35:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://pennsroom.blog35.fc2.com/tb.php/96-cde38938
 |  HOME  |