レンズがメタボ化している?!

 α7Ⅱを買ったので、ある程度レンズをそろえなくてはいけないのだが、困ったことに気に入ったレンズがない。
 必要な焦点域のレンズがみんな「でかい!」「重い!」のだ。
 これでは小型軽量ボディにした意味がないではないか。
 PENTAXのFA LimitedやDALimitedに相当するようなのが欲しいのだが・・・。

 考えてみれば、カメラがAFになったころからその傾向はあったのだが、デジタル化してさらに拍車がかかったのだろうか。
 確かにレンズ内モーターだのレンズ内手振れ補正だのと、肥大化する要素は判るのだが、それにしてもちょっとねぇ。
 
 そんなことを考えているうちに手持ちのレンズで確かめてみた。

 同じ100mmクラスのマクロということで。
 022302.jpg 022303.jpg
 左、TOKINA AT-X PRO M100と、右、SIGMA 105mm EX DG。手振れ補正の有無だけとは思えない差だが、フードは焦点距離の長いSIGMAのほうがチョットだけだが浅いのは何故?。
 TOKINAも出た当初はデカイだの重いだの言われていたが、今となってはこれより軽いのはPANTAX FA100とTAMRONのSP90(272)くらいのもので、TAMRONも後継の004や017はもっと重くなってしまった。



 比較のためマクロレンズではないが焦点距離の近いAPO-LANTHAR 90mmはこんな感じ。
 022304.jpg

 更に焦点距離の少し長めのAPO-LANTHAR 125mmも並べて背比べ。
 022305.jpg
 ちなみに重さは右から、725g、490g、690g、320g。APO-LANは両方とも小さい割には結構重い。

 それにしてもSIGMAは最近でかいレンズばっかりのような気が。

スポンサーサイト

2017/02/23(木) | 道具 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://pennsroom.blog35.fc2.com/tb.php/275-cbc9a20c
 |  HOME  |