スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

病み上がりに水仙ロード

 正月休み明けに3日間出勤しただけで風邪でダウンしてしまった。
 子供の頃から風邪を引くと喉が腫れて、高熱を発し、2~3日寝ていれば後はスッキリというパターンが殆どなのだが、今回は熱は全然出ず、痰が絡んで時々咳き込む症状。
 咳も昼間はたいしたことがなくて、夜寝ると1~2時間毎に出るて目が覚める。
 病院でもらった薬を飲んでもAM2~3時頃までは寝られるがそれから後は同じで、どちらかと言えば寝不足でマイッタ。
 そんな状態がだらだら続いて、結局、翌週いっぱい休んでしまった。
 "タップリ"休んだ後だが、月曜日(27日)は休日出勤の代休になったので、急に思い立って房総へ出かけてみた。

 ちょっと寒かったが微風快晴のお散歩日和。
 自宅から小田急線、総武線各駅、総武線快速、内房線と乗り継いで3時間半。
 普通列車のシートに座りっぱなしというのも結構つらい(お尻が痛い)。
 
 保田駅で降りて15分ほど。水仙ロードに入って更に10分。
 012701.jpg
 012702.jpg
 【NEX-6+SELP1650 他も同】
 道路脇の斜面や畑の畦、川の土手。片道3キロ強のあちらこちらで、空いた土地があれば全部水仙!
 公称「5000万本」も納得の規模ではある。
 
 

 それにしても、公称300万本の爪木崎(伊豆下田)の混みようとはエライ違いののどかさ。
 012703.jpg

 時期的にも良かったようで、水仙の香りに包まれての2時間ちょっとの散策。
 
 012704.jpg
 急坂を一段登って最上部に近づくと、花の数が少なくなった。
 反対側の斜面の方はかなり咲いているようなので、日当たりの所為かも。
 ここから山一つ超えた奥にも、公称5000万本の水仙の里があるが、今日は歩きなのでここまで。
 来年にでもまた来てみたいと想う。
 
 012705.jpg
 下の方は菜の花が満開だった。
 
 012706.jpg
 ロウバイと紅梅、その向こうは夏みかん。
 
 012707.jpg
 河津桜がチラホラと咲き出していた。
 家の周りでは、何時も早めに咲き出す紅梅もまだだが、やはりこちらの方は暖かいのだろう。
 
 012708.jpg
 数少ない水仙のアップ。
 
 012709.jpg
 谷間からは対岸の三浦半島と富士山が望める。(見えるかな? 肉眼ではよく見えたのだが)
 
 012710.jpg
 観光パンフレットには必ずと言うほど載っていた風景は「ワラボッチ」と言うそうだ。
 
 
スポンサーサイト

2014/02/01(土) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://pennsroom.blog35.fc2.com/tb.php/234-21d79c5b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。