ところざわのゆり園

 所沢にあるユリ園だから、間違っちゃいませんが、「ところざわのゆり園」が正式名称だそうです。
 自宅から乗り換え5回、約2時間のちょっとした小旅行です。
 
 061401.jpg
 【NEX-6+TAMRON 18-200】
 3万㎡の敷地に約45万株とのことで、園内のどこもこんな感じです。
 
 061402.jpg
 【α7Ⅱ+SIGMA 150mm Macro 以下同】
 バックは西武球場。
 銀色のドームに太陽が反射して、露出補正が大変!
 
 061403.jpg
 061404.jpg
 花の種類は50種だそうですが、一面黄色や真っ白のところもあり、そんなにあるのかな?

 061405.jpg
 061406.jpg
 でも、ファインダーを覗けばバックに何色もの花が見えて、十分に楽しめます。

 開園して2時間ほど、太陽がほぼ真上になって、風も出てきたうえ、見物客が急に混み始めたので退散です。
スポンサーサイト

2018/06/14(木) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(4)

長崎は今日も雨・・・

 長崎駅近くのホテルを出るころは、曇ってはいたけれど明るい空だったのに、佐世保に近づくにつれ空模様がおかしくなって、開園時間の少し前からポツポツ振り出して、到着するころには本降りです。
 前日の長崎市内は快晴。
 翌日の佐世保から佐賀は同じく快晴なのに、ド~シテ!

 心がけの悪い誰かさんを恨みつつ入獄、じゃない入国。
 051501_20180516091718383.jpg
 【NEX-6+TAMRON 18-200 以下同】
 やな雲でしょ。

 051502_20180516091717277.jpg
 メインディッシュのバラも雨の中です。

 昼食の頃には土砂降り!
 なす術もなく?屋内のアトラクションをはしごしているうちに4時過ぎには小止みになって、
 051503_201805160917154e3.jpg
 051504_20180516091714ed7.jpg
 日没間近には陽も差してきました。
 で、光の王国やらプロジェクションマッピングやらの、夜のイベントを時間いっぱい楽しませていただきました。
 051505_20180516091712365.jpg
 「光と噴水の運河」だそうです。
 ちなみに陸の方から見ると、
 051506_20180516091711921.jpg
 こんな具合。
 051507_20180516091710eb4.jpg
 051508.jpg
 雨の所為もあるのでしょうが、日曜というのにディズニー辺りでは考えられないくらい人が少なくて、女性に人気の歌劇の外は行列は無し。
営業的に大丈夫? と、心配になるほどではありました。
 



 

2018/05/16(水) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(4)

皇居・乾通から東御苑

 同じく、「江戸城」狙いで。
 032607.jpg
 隅櫓は良いとして、その向こうのビルがな~。

 この辺までは千鳥ヶ淵へ抜けるつもりでいましたが、急に気が変わって東御苑の方へ行くことにします。
 032608.jpg
 これから行く、東御苑の北詰橋が見えます。

 032610.jpg
 乾通から直接東御苑へ行くルートもありますが、今日は一旦 乾御門から出て、さっき見えた北詰橋から東御苑に入ります。
 032609.jpg
 北詰橋の上から、先ほどこちらを撮った辺りを一枚。
 人の多さがわかりますね。

 で、こちらでも持ち物チェックを受けて入場です。
 
 032611.jpg
 天守台から大手門方向。こちらは人出が多くないのでゆったり見ることができました。
 032612.jpg
 こちらの方が大きな桜が多く、中には枝が地面に届きそうな巨木も何本か。
 乾通は通常一般の通行ができないこともあって、休む場所がありませんが、こちらにはベンチも多数あってゆっくりするには良さげです。

 この後、大手門から東京駅近くでランチをして、銀座通りをブラブラして新橋の近くでコーヒーブレイク。
 久しぶりの「都会」を楽しんできました。

2018/03/27(火) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(0)

皇居・乾通

 昨日、東京は桜の満開宣言が出たので、「これは何処かに行かねば!」と思い立って、普段は入れない皇居の乾通へ行くことに。
 かなり混むらしいとあって、開門(10:00)30分ほど前に入り口の坂下門に到着すると、すでに長蛇の列。
 032601.jpg
 【SIGMA DP2 Merrill 以下同】
 ゆっくり撮るどころか、混みようによっては立ち止まるのも無理! と聞いていたので、今日のカメラはお散歩用の「Merrill」です。
 
 人出が多かった所為か9:40開門になり、思いのほか早く、10分ほどの待ち時間で入れました。
 荷物チェック、金属探知機のボディチェックを受けてやっと入場です。
 持っていたペットボトルの水を「一口飲んでください」と言われ、ちょっとビックリしました。
 032602.jpg

 御殿、宮内庁庁舎を過ぎると、いよいよ乾通。
 032603_201803261912436a4.jpg
 桜の数は思っていたよりかなり少なめで、
 032604_20180326191242e97.jpg
 人間の方がはるかに多かったです。

 032605.jpg
 江戸城っぽさを狙って、桜越しに富士見櫓を。(正式には富士見多門でした)

 そちら側からみるとこんな具合です。
 032606.jpg
 

2018/03/26(月) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(1)

宇宙ならぬ雨中旅行

 二泊三日の撮影旅行へ行ってきました。
 撮影だけが目的の旅というのは、実は初の体験。
 だというのに、天気はずっと雨・雨・雨でした。
 誰だ! 雨男(女?)は。出てこい!!(怒

 って、自分だったりして。

 軟弱者の私は、わざわざ雨の中を写真を撮りに出かける等ということは考えたこともない人なので、多分この三日間で一生分の雨の風景を撮ったに違いない、と思っております。

 まずはその証拠写真を。
 101501_20171018212756cb6.jpg
 【α7Ⅱ+SEL70200G】
 
 101502_20171018212757d10.jpg
 【NEX-6+SEL2870】
 幻想的でしょ。

 101503_20171018212759836.jpg
 【同】
 あえて禁断の2分割構図を。
 多少はガスが薄れたようですね。

 101504_201710182127520f0.jpg
 【同】
 こちらもっとガスが薄れた瞬間です。
 あちら岸の (あえて彼岸とは申しません) ご同輩たちも完全な雨支度です。

 151601.jpg
 【α7Ⅱ+SEL70200G】
 天気が良ければ綺麗だったろうなぁ。
 でも、つまらない写真になったろうという疑念もぬぐい切れず・・・

 101701.jpg
 【NEX-6+SEL2870】
 雨に打たれながら熱心に撮影に励む諸先輩を見ながら、「レンズどころかフィルターの交換もできない状態で撮って何が面白いんだろう」、とも思う半面、思わぬ感動もあったりして、まあ、良い勉強をさせていただきました。 はい。

2017/10/18(水) | 日常を離れて | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »