レンズがメタボ化している?!

 α7Ⅱを買ったので、ある程度レンズをそろえなくてはいけないのだが、困ったことに気に入ったレンズがない。
 必要な焦点域のレンズがみんな「でかい!」「重い!」のだ。
 これでは小型軽量ボディにした意味がないではないか。
 PENTAXのFA LimitedやDALimitedに相当するようなのが欲しいのだが・・・。

 考えてみれば、カメラがAFになったころからその傾向はあったのだが、デジタル化してさらに拍車がかかったのだろうか。
 確かにレンズ内モーターだのレンズ内手振れ補正だのと、肥大化する要素は判るのだが、それにしてもちょっとねぇ。
 
 そんなことを考えているうちに手持ちのレンズで確かめてみた。

 同じ100mmクラスのマクロということで。
 022302.jpg 022303.jpg
 左、TOKINA AT-X PRO M100と、右、SIGMA 105mm EX DG。手振れ補正の有無だけとは思えない差だが、フードは焦点距離の長いSIGMAのほうがチョットだけだが浅いのは何故?。
 TOKINAも出た当初はデカイだの重いだの言われていたが、今となってはこれより軽いのはPANTAX FA100とTAMRONのSP90(272)くらいのもので、TAMRONも後継の004や017はもっと重くなってしまった。



 比較のためマクロレンズではないが焦点距離の近いAPO-LANTHAR 90mmはこんな感じ。
 022304.jpg

 更に焦点距離の少し長めのAPO-LANTHAR 125mmも並べて背比べ。
 022305.jpg
 ちなみに重さは右から、725g、490g、690g、320g。APO-LANは両方とも小さい割には結構重い。

 それにしてもSIGMAは最近でかいレンズばっかりのような気が。

スポンサーサイト

2017/02/23(木) | 道具 | トラックバック(0) | コメント(0)

三兄弟

 私のメイン機材は今もPENTAX(のつもり)だが、昨年のCP+でK-1に触ってサイズは良いとしても想像以上の重さのため、買うのを躊躇っている。
 というのも、一昨年、サブとして買ったα7Rのほうが「使いにくかったり」、「撮っていて楽しくなかったり」はあるものの、軽さゆえに特に電車で行くときなど、三脚使用の風景、花撮りでの出番が多くなっている。
 そのうえに先日「キタムラ」さんに行ったとき、何気なく”7Ⅱ”を見ていたら、下取りサービス込みで価格.comの最安値より安くするといわれ衝動買いしてしまった。
 ”7R”は三脚必須のマクロ専用機かな?

 K5LS7676.jpg

 そんなわけで先輩のNEX-6と三兄弟のそろい踏み。実はさらに大先輩のNEX-5とNEX-7も居たのだが、”5”は息子が持って行ったまま、”7”は買ってすぐに高感度の画が気に入らず処分済だ。

 で、K-1だが。
 去年、知人から借りて数日間使ってみたが、グリップが良いのか撮っているときはあまり重く感じないものの、移動時にはそれなりの重さで、70近い身には少々・・・。2~3年出るのが早かったら、迷うこともなかったのだろうが。

 それに、PENTAXといえば、以前はFALimiのような、コンパクトで一寸洒落たレンズが魅力だったのだが、最近出てくるのはみんなメタボで、使いたくなるのが殆ど無い。
 SONYもせっかくボディが小型軽量なのに、レンズは「デカい」「重い」「高い」で褒められたものではないが、それでもサードパーティ製や、マウントアダプター経由があるだけ良い。
 真面目にマウントチェンジを考える時期なのかもしれない。

 小さいといわれるα7だが、フィルム時代の古~いカメラ(FUJICA ST605Ⅱ)と並べてみたら…
 DSC03781.jpg
 結構大きい(し、結構重い)。OM-1やMEなんかもっと小さかったような気がするんだが。

2017/02/05(日) | 道具 | トラックバック(0) | コメント(0)

秋彼岸

 この秋の彼岸はずっと雨模様で、「入り」に墓参りに行ったときもかなりの降りで、線香を点けるのも一苦労だった。
 昨日、連れ合いの実家の墓参りも、小雨とはいえ雨の中。
 こんな年も珍しいと思いつつ、正にそのような中で撮った写真を。

 092401_20160924200129aff.jpg
 【K-5+SIGMA 70mm 1:2.8 DG MACRO】

 092402_20160924200130991.jpg 
 【K-5+Voigtländer APO-LANTHAR 180mm F4 SL】

 092403_201609242001315bf.jpg
 【同】

 092404_20160924200133c38.jpg
 【同】
 
 これは別の日に別の場所で撮った「3色のヒガンバナ」。
 092405_20160924200128bee.jpg
 【NEX-6+Voigtländer APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL】





2016/09/24(土) | 花ごよみ | トラックバック(0) | コメント(0)

時の感じ方

 歳をとると、時の経過を早く感じると聞いていたが、ここ数年、それを実感とすることが増えている。
 blog更新を怠けがちな事の言い訳ではないが、うかうかしていると、一月くらいはアッという間で、特に、去年、退職してから加速した気がする。
 
 そんなわけで(やはり言い訳?)前回の更新から一月以上過ぎてしまったが、このところ暑さに負けて殆ど表に出ていないので、少々古めの写真で取り繕うことにする。

 撮影日順に。
 082701.jpg
 【K-5+Voigtländer APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL】
 リキュウバイ(利休梅)という2~3cm程の花で、90mmとしては結構寄れるレンズだが、それでも足りないため中間リングを使用。
 
 082702.jpg
 【NEX-6+TAKUMAR 135mm F2.5】
 こちらは全然寄れないレンズなので、中間リング+PKマウントアダプター+M42アダプターの重装備で、マウントアダプターのヘリコイドを最大に繰り出して撮影。
 花びらのレースのような質感が出たと自画自賛中。

 082703.jpg
 【NEX-6+SIGMA 50mm F2.8 MACRO】
 ユウゲショウという1cm程の帰化植物。
 夕化粧という艶っぽい名前なのに、夕方にはつぼんでしまうのは詐称じゃないかと思っている。
 草丈は30cm位になるものもあるが、これは10cm程で、撮っている姿は、あまり人様には見られたくない格好だった。
 アダプターのヘリコイドを目一杯繰り出して、ワークディスタンスは殆ど無い状態での撮影。
 

2016/08/27(土) | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0)

梅雨だというのに

 今年は梅雨入り以降、何回か出かけたが雨に降られた記憶が無い。
 先月からの写真を見直してみたが、概ね良い天気だった。
 東京では特に、主な水源の北関東に雨が少ないそうで、このままでは水不足が心配になってくる。
 せいぜい節水を意識しなければならないが、出かける身としては天気の良いのは有り難い。
 
 071002_2016071018190808f.jpg
 【K-5+Voigtländer APO-LANTHAR 180mm F4 SL】
 蝶々とニラメッこ。
 
 この日も曇りで、あまり暑くならない予報だったのに、行ってみたら上天気で「猛」とまでは行かないがかなりの暑さ。

 
 
read more...

2016/07/10(日) | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(3)

 |  HOME  |  »